頸椎のストレートネックの治療にロキソニンテープが処方されました。

私は肩こりが小学生のころからひどく感じていて、年齢を重ねるにつれ年々ひどくなっていきました。

肩こりを治すために運動や、姿勢をなおすことなども努力も もちろんしてきました。

2年前、あることをきっかけに首のあたりのレントゲンを撮ることになりました。

そこで、頸椎がストレートネックというかたちになっていて 骨の形からくる痛みもこれからどんどん出てくるかもしれないから、ガマンするより痛みに対処する方法もしたほうが、仕事や家事をするうえでよいだろうとロキソニンテープの処方をしてもらいました。

実は、これに似た医薬品を以前につかったことがあるのですが、それはモーラステープという名前のおくすりで 形も同じ肌色のシールタイプのものです。

モーラステープは当時とても効き目があり、そのときは足のすねにつかったのですが、歩くのもだるく痛かったので楽に治すことが出来て良かったです。

ただその時は冬だったのでモーラステープでも良かったのですが、モーラステープは太陽の光に当たると皮膚が赤くなったりする問題があるそうで、モーラステープを首や肩のあたりに年中使用するのは無理かなと思いました。

ロキソニンテープを処方してくれたドクターは女医さんでした。

年齢が似ていたため、診察室での会話で洋服を着ていても肌の露出しているところへの使用を考えたら モーラステープよりもロキソニンテープで良いでしょうとの話になり、そのように処方されました。

ロキソニンは、頭痛薬や鎮痛剤としても歯科医や内科で処方された経験があったので、ネーミングに安心感もありました。

最近はドラッグストアでのロキソニンって購入できるのですね。

それだけ安全なおくすりであるのかなと思いました。

(静岡県 なつこさん)

市販のロキソニンテープを購入したい方はこちらのサイトが参考になります。