インフルエンザにタミフルはすぐに効きました

お正月に救急にかかりました。

小学生の子どもがインフルエンザA型と診断されました。

熱は38度台だったので普通の風邪かインフルエンザは最初はわからなかったのですが、検査したらインフルエンザとのことで薬は解熱剤とタミフルの2種類を処方されました。

粉状なので子どもはかなり飲みづらく嫌だったみたいですが、とりあえず飲みましたところ、咳き込んで少し吐き戻してしまいました。

吐いたことで、薬が全部出たのか一部は身体に入っていったのかわからないのですが、一日で解熱しました。

もらった解熱剤は5回分ありましたが1回だけ飲んであとは使用せずです。

ただ解熱後も5日間はタミフルを飲まなくてはいけないとのことで朝晩嫌がりつつも飲んでいました。

飲み始めて2日ほどは異常行動を起こさないか必ずそばに保護者がついているように言われていましたのでついていましたがそのようなことは起きませんでした。

高熱で体力が消耗するのがとても心配だったのですが、タミフルですぐに熱が下がったので親としては安心しました。

熱が下がれば子どもはインフルエンザで体調不良でも部屋の中で起き上がって普通に過ごせるので逆に外に行けないのがストレスだったみたいです。

大変なお正月でしたが、重症化しなかったのでそれだけはよかったです。

(福岡県 Yさん)

>>タミフルの購入はこちら




インフルエンザの薬リレンザの予防的な処方

喘息持ちの子供がA型インフルに罹り、弟も喘息を持ちでしたので、1回吸うだけのリレンザを予防的に処方されました。

自前の吸入器を持っていて毎日吸入する位ですので、予防的な対応をして頂いた先生には感謝しておりました。

が、2年生であることもあり、リレンザの吸入が不十分だったのか、結局弟もインフルにかかってしまいました。

その為、再度来院してタミフルを処方して貰い、飲みましたら予防接種もしているからか、快方に向かいました。

喘息を持っている家族は、特に予防接種と早めの診断は重要だと実感した出来事でした。

でも、折角予防的に処方してくれたのにリレンザが効かなかかったのは残念でしたし、その分他の家族にうつる危険が増したので、実際に母の私も移ってしまいました。

低学年には、吸入より飲み薬の方が合っているようです。

次の年には、一番下の2ヶ月児がインフルに罹りました。

先生によるとタミフルは自己責任で1歳以下でも処方出来ますが、如何しますか?と言われました。

すかさず、処方して下さいと、お願いしました。

他の子に移ってしまう事も恐れましたし、2ヶ月児で酷くなった事を考えたら、処方した方が良いといもったからです。

友人の子供は4ヶ月児でしたが、タミフルを断ったら1週間熱が下がらなかったそうです。

改めて、自分の判断がまちがっていなかったと実感する出来事でした。

(神奈川県 けけさん)

>>リレンザの通販サイトはこちら




子どもがインフルエンザに発症、イナビルを処方

子供がインフルエンザに休みの日に発症したので、救急外来に行きました。

インフルエンザの薬と言うとタミフルが良く聞いていたのですが、イナビルという1回吸入するだけで良いという薬を処方されました。

吸入スルタイプの薬は初めてだったので、とまどいました。

しかも1回吸入するだけで本当に効果があるのか、とっても不安でしたが使うしかありません。

休日の救急外来でしたので、見てくれる先生も大丈夫かと思ったのですが、看護師さんが薬を処方されたら早く薬を吸入したほうが良いとの話だったので、処方されたイナビルを病院の待合室で吸入してから帰宅しました。

その後は、2日間ほど熱が下がりませんでしたが、3日目に熱が下がりだいぶ元気が出てきました。

咳などの症状は5日間くらいはありましたが、早く治った方だと思いました。

本人も体力的にも、つらそうだったのでイナビルが早く効いて良かったと思いました。

何回も飲まなくてはいけないのは寝ている人には、それだけでもつらい時があるので、1回吸入するだけというのは、その点でもかなり助かったと思います。

小さい子供だと上手く吸入出来ない場合があるようですが、それ以外の年齢の人には良い薬だと思いました。

(滋賀県  マルさん)

>>イナビルの通販サイトはこちら