ミオナール錠は副作用が軽く辛い肩こりからの頭痛にもよく効きます。

ミオナール錠は近年鬱病や緊張型頭痛の治療として心療内科でも処方される事が多くなりました。

ミオナール錠は骨格筋の過度な緊張を和らげると共に、血管を広げてスムーズな血流を促す事により、肩こりや腰痛、手足のこわばりの要因を取り除く作用があります。

また辛い五十肩等の治療にもミオナール錠が処方されるケースも多く、五十肩の症状が年々慢性化している人や、深刻な痛みが一か月以上続いている場合に効能が作用しやすいと言われています。

ミオナール錠の主成分とされるエペリゾン塩酸塩は、元々痙攣を鎮める作用があり、極度に緊迫した神経を鎮静させる代わりに催眠作用を引き出す点も認められています。

更にミオナール錠は、服用後すぐに即効性があるものではなく、穏やかに効能が現れる性質なので、急激な副作用を抑制できる特質も持っています。

一般的なミオナール錠の服用方法は、成人年齢以上で1日3回食後に1錠ずつ飲む用法になり、万一飲み忘れが生じた場合は一度に2回分の服用は避けるよう指導されます。

ミオナール錠の副作用は、似た効能を持つデパス錠と比べても若干緩めとされており、脱力感や眠気は代表的な症例として長年挙げられています。

そしてミオナール錠を服用している期間中は、催眠作用の副作用で居眠り運転を引き起こすリスクも少なからずあるので、自動車の運転等は控える心掛けをしなければなりません。

また、肝機能疾患で通院治療中の人は、ミオナールとの相互作用で効能を強めたり、逆に弱まってしまう性質の薬が処方されている場合があるので、必ずお薬手帳を医師や薬剤師に見せて適切な指導を仰ぐことをお勧めします。

このようにミオナール錠の正しい知識と服用法を頭に入れておけば、長年悩んでた頭痛や肩こりを改善する突破口を見出す医薬品にもなり得るでしょう。

(兵庫県 あゆみさん)

ミオナール錠は市販されていません。
病院で処方してもらうことができます。
なんらかの都合で病院に行く時間が取れないときなどは、ミオナールは海外からの個人輸入サイトから購入することができます。

格安のジェネリック品も販売しているので金銭的に助かります。

>>ミオナールの購入はこちら

>>格安のミオナールジェネリックの購入はこちら