アレロックをアレルギーの症状を抑えるために飲んでいました

私はアレルギーなので、アレロックを処方してもらっていました。

アレロックを出してもらう前にはほかの薬も出してもらっていたんですが、私にはあまり効かなく最後の最後にアレロックを出してもらった感じです。

アレロックには効き目はかなりあり、ちゃんとアレルギー症状が治まりました。

私は肌の痒みが出てくるアトピー性皮膚炎が出るアレルギー症状なのですが、アレロックを飲むと確かに痒みが緩和されました。

でも私にはアレロックの副作用がきつかったです。

どんな副作用があったかというと、とにかく眠くなりました。

目や、口が乾く感覚がありました。

鼻の中も乾いている感じがしました。

アレロックは効き目が強いのですが、和は仕事をしていて、運転もしているので、アレロックを飲むことで眠気がひどいのは困ると言うことで、効果があるのですが、飲むのを止めてしまいました。

その後はよほどアレルギー症状がきつい状態になったときだけアレロックを出してもらう時はありましたが、短い期間だけ飲んでいましたが、続けて飲まないことにしてもらっていました。

アレルギー系の薬は、副作用が多いので、アレルギーを緩和できるのを取るのか、眠気を取るのかを自分で決めて飲まないといけないなと思います。

そしてこのアレロックが原因かは分からないのですが、私はアレロックを飲んでいた時期に太ってしまいました。

少し体がむくみやすくなったように感じました。

倦怠感もありましたが、本当は口が乾いたり、眠気が出たり、倦怠感が出たりしたならば、きちんと薬を処方してくれる医師に伝えることが大切だと思います。

この薬は結構強い作用があるので、飲む人によっては強い副作用が出てくる場合もあるので、気を付けて、初めて飲む人は様子を見たほうが良いと思います。

(愛知県 みみかさん)

アレロックをジェネリックで購入するとお得です。




20代で痛風になった体験談

私は27歳くらいのときに初めて痛風になりました。

まだ20代なのでまさか自分が痛風になるなんて夢にも思いませんでした。

私はテレビで痛風になっている方を見たことがありました。

痛風になっていた方は足を引きずりながら歩いており、痛風になったら歩くのも辛いんだなと思っていました。

しかし、テレビで拝見した方は50代くらいの男性の方だったので自分には関係の無いことと思っていました。

私が痛風になったときは最初足に少しの痺れが起きました。

なんとなく少し痺れるなと思い、数日経てば自然に治るだろうと特に気にはしていませんでした。

しかし、日にちを経るに従い足の痺れが痛みに変わってきました。

そして足の痛みで歩くことができなくなり、四つん這いでしか歩けなくなりました、

そのため私は松葉杖を使って歩くことにしました。

この時点でもかなり足の痛みは強く、足が腫れ上がってるような状態です。

これが痛風のピークと思いきや、痛風の恐ろしさはここからでした。

痛風の痛みはさらに増し、それはもうものすごい激痛です。

風が当たっても痛いことから痛風ということは知っていました。

まさにそんな感じで私の場合はズボンを脱ぐときにズボンが足に触れるだけでものすごく痛い、涙が出るほど痛かったです。

ズボンを脱ぐときに少し変な動作をすると激痛が起き、泣きながら叫んでいました。

痛風になったときに一番辛かったのでトイレでした。

トイレのときはズボンを脱がなければいけませんでしたので、こればっかりはどうしようも無かったです。

トイレに行くのがあまりに辛すぎて、尿瓶を使いました。

本当に痛くて辛かったです。

激痛のピークが終わったのが一週間程だったと思います。

一番のピークから本当に少しずつ時間をかけて痛みが消えていきました。

完全に治るのに2週間ぐらいかかったと思います。

痛風になると再発する人が多いことを知り、今では食生活を改め規則正しい生活を心がけています。

痛風はなると本当に辛いので、日頃の食生活から気を付けると良いと思います。

(神奈川県 ゆうじさん)




誰でもすぐにできるむくみ解消法

女性の多くが悩んでるとされているむくみ。

あるととても不細工なスタイルになってしまうのでどうにかして解消したいですよね。

しかし、一体どうしたら解消させることが出来るのでしょうか?

実は結構簡単にむくみの対処は出来るんですよ。

まずは、利尿作用のある食べ物や飲み物を意識的に摂取するということです。

よくカフェインという言葉を聞くと思います。

カフェインにはとても強い利尿効果があります。

そして、それは様々な食品や飲料に含まれているのです。

飲料であれば、コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶には多量のカフェインが含まれていますね。

あとは食品ですがこれはキュウリやスイカ、意外なところでは豆類も昔から利尿効果があるとされています。

むくみは体内に留まっている必要のない水分が過剰に体内に留まってしまっていることによって起こってしまう症状です。

ですから、余分な水分が積極的に排出されるようにしていけばむくみの解消に繋がるというわけです。

それから、もう1つすぐにできるのが入浴時にぬるめのお湯に2~30分ゆっくりとつかるようにすることです。

水分の排出の仕方は尿だけではありません。

発汗も体外へ水分を排出する体内の仕組みです。

ですから、身体を温めつつ全身の水分を汗を流すことで効率よく排出することが出来る入浴はむくみの対処にはとても効果的なのです。

特に効果的なのが心臓の下の辺りまでをお湯につかって入浴する半身浴です。

浸かりすぎても温度が高過ぎ・低過ぎでも効果が無いので入浴時間やお湯の温度は常に確かめながら入浴するようにしましょう。

他にもマッサージなどむくみ解消するための方法は様々あります。

あなたに合った方法でむくみを解消しちゃいましょう!

どうしてもむくみが解消できない時はむくみ解消の薬もいいかも




ディスクワークの方のむくみの対処方法について

毎日デスクワークをしているので、対処をしっかりしていないとすぐにむくみがふくらはぎから下に出てしまいます。

私のような職業柄おきてしまうむくみは正しい対処さえ行っていればある程度は簡単に改善することができるということが最近わかりました。

私が行っているのは、どんなに仕事が立て込んでいる時でも最低でも1時間に2回ぐらいは一旦席から立つことです。

そこらへんを1、2分だけでもいいのでぶらぶらと歩くようにするだけでも足の部分の血液循環が良くなるのでこれを仕事中はずっと意識して行うようにしています。

そして、座ったままの状態の時でも、足首の関節のところで足を上下に動かしたり、小刻みに両足を振動させたり、貧乏ゆすりのような運動を加えることで血液循環が改善されるので、むくみがおきにくなるのがわかります。

さらに、昼食は塩分をなるべく控えたいのでコンビニ弁当や市販の弁当は食べないようにしています。

ほぼ毎日手作りのお弁当を持参しています。

塩分をとりすぎるとてきめんにむくみがおきやすくなってしまうので注意が必要なのです。

あとは、つい最近加圧ソックスを購入して、毎日履くようになりました。

適度にふくらはぎ部分を圧迫してくれるので、これで随分むくみ対策も完璧になり、朝から夕方の仕事中に足がむくむことは無くなりました。

特に夕方からのひざ下のむくみがなくなりとても楽になりました。

これだけ色々気をつけていれば、ほぼ酷いむくみからは解放されますが、やはり風邪を引いたりして体調が悪い時には、こういった方法を行っていてもあまり効果がでずに夕方から靴がきつくなるむくみの症状が出る場合があります。

でも一度むくみがでてきにくい体質にしておけば、それほど酷い状態に戻ることはありません。

(神奈川県 あいこさん)




子供が生まれ風邪をひきやすくなった

私は若い頃は、風邪をひく事はそれほどありませんでした。

ところが、子供が生まれてから免疫力が落ちたのか、子供が風邪をひくともらってしまいます。

先日もかなりひどい風邪をひいてしまいました。

その日は、夕方にかけてだんだんとだるくなっていきました。

疲れているのかなと思い、早く寝ました。

しかし、翌日、だるさは更にひどくなり、熱をはかってみると38度。

これまで熱は出ても37度台だったので、数字を見てビックリして更に辛くなりました。

起きるのも辛かったので、とりあえず、病院に行かずに市販の風邪薬を飲み寝る事にしました。

なぜ、風邪だと思ったのかと言うと、数日前に子供が同じように風邪で熱を出していたからです。

その日は、とにかく眠り続けました。

薬も効いていたのか、かなり熟睡だったと思います。

気付いたら、食事もせず夕方になっていました。

そして、ゆっくり休んだおかげか、夕方には熱が下がりだるさもだいぶ良くなってきました。

しかし、その後がひどかったのです。

喉の痛みを感じ始め、すぐにマスクをしたのですが、喉がイガイガ。

咳が止まらないのです。

しかも、痰が絡んだような変な咳です。

一度、出始めると、周りが気にしてしまうくらい止まらなくなってしまうのです。

周囲の人にもすごく嫌な顔をされました。

夫は違う病気じゃないかと心配してしまったほどです。

そして、あまりにも酷いので病院に行ってみたところ、やはり風邪の咳でした。

とりあえず、咳を抑える漢方を処方してもらいました。

そして、喉を温めると良いと聞いたので、常に首周りを温めるようにスカーフをして過ごしました。

そのスカーフが意外と効果があったらしく、首を温めるようになってから、だいぶ咳が落ち着いた気がします。

その後、1週間くらいかかりましたが、無事に風邪は完治。

熱から始まり、その後の咳が思いのほか長引き、本当に辛かった風邪でした。

これからは、子供が風邪をひいたら、すぐに予防するように気をつけようと思います。

(東京都 にしこさん)

総合感冒薬のPL顆粒がこちらから購入することができます。




頸椎のストレートネックの治療にロキソニンテープが処方されました。

私は肩こりが小学生のころからひどく感じていて、年齢を重ねるにつれ年々ひどくなっていきました。

肩こりを治すために運動や、姿勢をなおすことなども努力も もちろんしてきました。

2年前、あることをきっかけに首のあたりのレントゲンを撮ることになりました。

そこで、頸椎がストレートネックというかたちになっていて 骨の形からくる痛みもこれからどんどん出てくるかもしれないから、ガマンするより痛みに対処する方法もしたほうが、仕事や家事をするうえでよいだろうとロキソニンテープの処方をしてもらいました。

実は、これに似た医薬品を以前につかったことがあるのですが、それはモーラステープという名前のおくすりで 形も同じ肌色のシールタイプのものです。

モーラステープは当時とても効き目があり、そのときは足のすねにつかったのですが、歩くのもだるく痛かったので楽に治すことが出来て良かったです。

ただその時は冬だったのでモーラステープでも良かったのですが、モーラステープは太陽の光に当たると皮膚が赤くなったりする問題があるそうで、モーラステープを首や肩のあたりに年中使用するのは無理かなと思いました。

ロキソニンテープを処方してくれたドクターは女医さんでした。

年齢が似ていたため、診察室での会話で洋服を着ていても肌の露出しているところへの使用を考えたら モーラステープよりもロキソニンテープで良いでしょうとの話になり、そのように処方されました。

ロキソニンは、頭痛薬や鎮痛剤としても歯科医や内科で処方された経験があったので、ネーミングに安心感もありました。

最近はドラッグストアでのロキソニンって購入できるのですね。

それだけ安全なおくすりであるのかなと思いました。

(静岡県 なつこさん)

市販のロキソニンテープを購入したい方はこちらのサイトが参考になります。




背中のブツブツを治すためにセナキュアを塗ってみました。

私の背中がブツブツしている事は以前から知っていました。

でもどうすればいいかわからなかったのです。

そのためにいろいろと口コミを集めてみました。

そこでわかったのが、セナキュアだったのです。

あの小林製薬から出ているセナキュアがとても背中のブツブツに効果があったのです。

背中だけじゃなくてデコルテにもできたブツブツをきれいに治す事ができるのです。

なんとセナキュアは三つの作用できれいに治してくれるのです。

セナキュアの効果は殺菌と赤み改善、そして組織修復の三つなのです。

セナキュア塗る事で背中のブツブツがきれいに改善していくのです。

セナキュアはスプレータイプのものなので、とても簡単に使う事ができます。

シュシュッと吹きかけるだけなのです。

朝起きてからと、夜はお風呂に入った清潔な肌に使っています。

気が付いたら二週間ほどでとてもきれいになっているのです。

背中のブツブツの原因は、汗や汚れなのです。

だから普段から汗をかいたら、すぐに拭き取るようにしています。

シャワーも気が付いたらするようにしています。

いつも肌を清潔にしておく事がとても大事なのです。

そして一番の原因がストレスだったのです。

ストレスを感じてしまうと、体に出てくるのです。

それが背中のブツブツにも出てきていたのです。

ストレスをなくす事がとても大事かもしれません。

現代社会の今、ストレスを抱えないほうが難しいのかもしれません。

でも無理をしない生活を送る事が、ストレスを感じない日々につながるのです。

以前の私は背中のブツブツができても、何もしないほうがいいと思っていました。

塗ってももっとひどくなると思っていたのです。

でもこのセナキュアのおかげでここまで改善されてきました。

しばらく使っていたいです。

(三重県 ななみさん)




カフェインに弱い私が大好きなたんぽぽコーヒー

私はもともとコーヒーの香りが大好きなのですが、どうもカフェインに弱い体質のようで、コーヒーなどのカフェインの強いものを飲むと体調が悪くなっていました。

そんな私がノンカフェインのたんぽぽコーヒーに出会ったのは、結婚する少し前のことでした。

今の旦那がコーヒーが大好きなのに、コーヒーが飲めない私のためにいろいろと調べてくれたようです。

しかしたんぽぽコーヒーをそのまま飲んでみると、私のイメージしていたコーヒーの味や香りとは全然違っていたために、今度はカフェオレのようにミルクと混ぜて飲んでみることにしました。

すると不思議なことに、なんだか本当のカフェオレを飲んでいるかのような気持ちになりました。

それからは私のお茶の時間には、たんぽぽコーヒーのカフェオレは定番になりました。

しかしたんぽぽコーヒーはその商品によって、お味が結構違ってくるので自分にあったものをいろいろ試してみた方がいいと思います。

私も自分のお気に入りのたんぽぽコーヒーを見つけるまでには、とても苦くてまずいたんぽぽコーヒーに当たったこともありました。

今ではお気に入りのものが見つかり、ずっとそのたんぽぽコーヒーを愛飲しています。

そのお陰かはわかりませんが、出産の時には母乳がたくさん出ました。

2人産みましたが、どちらも1滴も市販のミルクを飲ませることなく自分の

母乳だけで育てることができました。

特に下の子は、次に出産する予定もなかったので好きなだけ飲ませていたのですが、2歳半までがぶがぶ飲んでいました。

お陰でとても大きな男の子に成長してくれました。

他にもたんぽぽコーヒーには、利尿作用、冷え性の改善、便秘予防など様々な効能があるのでこれからも健康維持のためにたんぽぽコーヒーを飲んでいきたいと思っています。

(京都府 AZUさん)

たんぽぽコーヒーについて詳しく見る




出血性膀胱炎の自然治癒方法

膀胱炎は、主に尿の我慢のしすぎで起こることが多く、また女性は尿道が短いので逆行性感染が原因になります。

これらの原因から膀胱内にばい菌が増えてしまったために起こり、大人も子供も比較的かかりやすいと思われます。

症状は、尿が濁ったり、残尿感、頻尿、出血があります。

トイレに行ってもすぐに行きたい感じがして、尿をすると血が混ざっているという状態です。

また、痛みを伴う場合もあります。

膀胱炎がひどくなると、腎盂腎炎を起こすことがあるため、一般的には病院受診をして抗生剤を服薬することとなりますが、今回は自然治癒の方法をご紹介したいと思います。

まず、出血性膀胱炎の症状があったら、膀胱内に増えた細菌を効率よく洗い流す必要があります。

腎臓、心臓の機能が正常な方は、水分を大量に摂取し、尿を外に出すことが一番です。

(腎臓、心臓機能障害がある方はご注意下さい。)

尿を外に出すことで、膀胱内のばい菌を洗い流すということです。

水でも良いですが、利尿作用のある緑茶や紅茶も効果的です。

水分摂取と尿を出すことを繰り返しているうちに、目に見えて真っ赤だった出血の色が薄いピンク色に変わってきます。

ばい菌が流れ出ているサインですね。

このくらいになると、頻尿、残尿感も薄れ、痛みも和らいでくるはずです。

水分で身体を冷やしたので、その後は膀胱、手足を温かくすることも大切です。

以上が自然治癒の方法ですが、予防として日頃から水分をしっかりと摂取し、尿を我慢せず、トイレに行く習慣をつけましょう。

1日の水分摂取量を意識して、ペットボトルや水筒を用意するなど、出先でも水分摂取が出来るようにすると良いです。

また、仕事中にトイレを我慢したり、お子さんが学校でトイレに行かなかったりしないよう、時間を決めて行くように心がけてみましょう。

(山梨県 キャラメルさん)




女性の精神的な残尿感を病院に行って治しました。

ついさっきトイレに行ったばかりなのに何だかまたトイレに行きたくなる・・・。

そんな残尿感に悩まされる女性は意外と多いのではないでしょうか?

私も特に出産してから残尿感をより感じるようになってしまいました。

残尿感がひどいと必然的にトイレに行く回数が増えてしまい、とてもユウウツです。

これが外出先になるとトイレ探しから始めないといけなくなるのでなおさらですね。

婦人科にも相談しに行きました。

とくに腫瘍などの膀胱を圧迫するようなものはなかったので、私の場合は病的なものが原因ではありませんでした。

内心、ほっとしたのを覚えています。

やはり外科的治療が必要なケースだったら怖いですからね。

その頃私はストレスを抱え込んでいたせいで様々な不調に悩まされていたのですが、婦人科の先生は精神的なものではないか?とおっしゃいました。

不眠・イライラ・気分が塞ぐといった症状があったのです。

婦人科の先生はストレスを軽減するお薬を出してくれました。

私はその薬のおかげでよく眠れるようになりました。

よく眠れるようになると心が落ち着いてきて、不思議と「またトイレに行きたくなった」とイライラすることが減ってきたのです。

残尿感を感じることが思った以上にストレスだったみたいです。

イライラすることが減ってきたので、徐々にトイレに行く回数も少なくなってきたのです。

また、知人から「水分を摂りたくなったらまずうがいをするように」とアドバイスもされました。

のどが渇いたと思った時、本当に水分が必要な時と口の中が渇いているだけのときがあるそうです。

口の中が渇いているだけなのに「のどが渇いた」と思って頻繁に飲んだりすると、知らず知らずのうちに水分を摂りすぎる・・・という事態に陥ってしまうそうです。

私の残尿感はこのことを気をつけるようになってからだいぶん改善されました。

(静岡県 みかんさん)