背中のブツブツを治すためにセナキュアを塗ってみました。

私の背中がブツブツしている事は以前から知っていました。

でもどうすればいいかわからなかったのです。

そのためにいろいろと口コミを集めてみました。

そこでわかったのが、セナキュアだったのです。

あの小林製薬から出ているセナキュアがとても背中のブツブツに効果があったのです。

背中だけじゃなくてデコルテにもできたブツブツをきれいに治す事ができるのです。

なんとセナキュアは三つの作用できれいに治してくれるのです。

セナキュアの効果は殺菌と赤み改善、そして組織修復の三つなのです。

セナキュア塗る事で背中のブツブツがきれいに改善していくのです。

セナキュアはスプレータイプのものなので、とても簡単に使う事ができます。

シュシュッと吹きかけるだけなのです。

朝起きてからと、夜はお風呂に入った清潔な肌に使っています。

気が付いたら二週間ほどでとてもきれいになっているのです。

背中のブツブツの原因は、汗や汚れなのです。

だから普段から汗をかいたら、すぐに拭き取るようにしています。

シャワーも気が付いたらするようにしています。

いつも肌を清潔にしておく事がとても大事なのです。

そして一番の原因がストレスだったのです。

ストレスを感じてしまうと、体に出てくるのです。

それが背中のブツブツにも出てきていたのです。

ストレスをなくす事がとても大事かもしれません。

現代社会の今、ストレスを抱えないほうが難しいのかもしれません。

でも無理をしない生活を送る事が、ストレスを感じない日々につながるのです。

以前の私は背中のブツブツができても、何もしないほうがいいと思っていました。

塗ってももっとひどくなると思っていたのです。

でもこのセナキュアのおかげでここまで改善されてきました。

しばらく使っていたいです。

(三重県 ななみさん)

背中のブツブツの解消法はこちらのサイトが参考になります。

背中のブツブツ治す




カフェインに弱い私が大好きなたんぽぽコーヒー

私はもともとコーヒーの香りが大好きなのですが、どうもカフェインに弱い体質のようで、コーヒーなどのカフェインの強いものを飲むと体調が悪くなっていました。

そんな私がノンカフェインのたんぽぽコーヒーに出会ったのは、結婚する少し前のことでした。

今の旦那がコーヒーが大好きなのに、コーヒーが飲めない私のためにいろいろと調べてくれたようです。

しかしたんぽぽコーヒーをそのまま飲んでみると、私のイメージしていたコーヒーの味や香りとは全然違っていたために、今度はカフェオレのようにミルクと混ぜて飲んでみることにしました。

すると不思議なことに、なんだか本当のカフェオレを飲んでいるかのような気持ちになりました。

それからは私のお茶の時間には、たんぽぽコーヒーのカフェオレは定番になりました。

しかしたんぽぽコーヒーはその商品によって、お味が結構違ってくるので自分にあったものをいろいろ試してみた方がいいと思います。

私も自分のお気に入りのたんぽぽコーヒーを見つけるまでには、とても苦くてまずいたんぽぽコーヒーに当たったこともありました。

今ではお気に入りのものが見つかり、ずっとそのたんぽぽコーヒーを愛飲しています。

そのお陰かはわかりませんが、出産の時には母乳がたくさん出ました。

2人産みましたが、どちらも1滴も市販のミルクを飲ませることなく自分の

母乳だけで育てることができました。

特に下の子は、次に出産する予定もなかったので好きなだけ飲ませていたのですが、2歳半までがぶがぶ飲んでいました。

お陰でとても大きな男の子に成長してくれました。

他にもたんぽぽコーヒーには、利尿作用、冷え性の改善、便秘予防など様々な効能があるのでこれからも健康維持のためにたんぽぽコーヒーを飲んでいきたいと思っています。

(京都府 AZUさん)

たんぽぽコーヒーについて詳しく見る




出血性膀胱炎の自然治癒方法

膀胱炎は、主に尿の我慢のしすぎで起こることが多く、また女性は尿道が短いので逆行性感染が原因になります。

これらの原因から膀胱内にばい菌が増えてしまったために起こり、大人も子供も比較的かかりやすいと思われます。

症状は、尿が濁ったり、残尿感、頻尿、出血があります。

トイレに行ってもすぐに行きたい感じがして、尿をすると血が混ざっているという状態です。

また、痛みを伴う場合もあります。

膀胱炎がひどくなると、腎盂腎炎を起こすことがあるため、一般的には病院受診をして抗生剤を服薬することとなりますが、今回は自然治癒の方法をご紹介したいと思います。

まず、出血性膀胱炎の症状があったら、膀胱内に増えた細菌を効率よく洗い流す必要があります。

腎臓、心臓の機能が正常な方は、水分を大量に摂取し、尿を外に出すことが一番です。

(腎臓、心臓機能障害がある方はご注意下さい。)

尿を外に出すことで、膀胱内のばい菌を洗い流すということです。

水でも良いですが、利尿作用のある緑茶や紅茶も効果的です。

水分摂取と尿を出すことを繰り返しているうちに、目に見えて真っ赤だった出血の色が薄いピンク色に変わってきます。

ばい菌が流れ出ているサインですね。

このくらいになると、頻尿、残尿感も薄れ、痛みも和らいでくるはずです。

水分で身体を冷やしたので、その後は膀胱、手足を温かくすることも大切です。

以上が自然治癒の方法ですが、予防として日頃から水分をしっかりと摂取し、尿を我慢せず、トイレに行く習慣をつけましょう。

1日の水分摂取量を意識して、ペットボトルや水筒を用意するなど、出先でも水分摂取が出来るようにすると良いです。

また、仕事中にトイレを我慢したり、お子さんが学校でトイレに行かなかったりしないよう、時間を決めて行くように心がけてみましょう。

(山梨県 キャラメルさん)




女性の精神的な残尿感を病院に行って治しました。

ついさっきトイレに行ったばかりなのに何だかまたトイレに行きたくなる・・・。

そんな残尿感に悩まされる女性は意外と多いのではないでしょうか?

私も特に出産してから残尿感をより感じるようになってしまいました。

残尿感がひどいと必然的にトイレに行く回数が増えてしまい、とてもユウウツです。

これが外出先になるとトイレ探しから始めないといけなくなるのでなおさらですね。

婦人科にも相談しに行きました。

とくに腫瘍などの膀胱を圧迫するようなものはなかったので、私の場合は病的なものが原因ではありませんでした。

内心、ほっとしたのを覚えています。

やはり外科的治療が必要なケースだったら怖いですからね。

その頃私はストレスを抱え込んでいたせいで様々な不調に悩まされていたのですが、婦人科の先生は精神的なものではないか?とおっしゃいました。

不眠・イライラ・気分が塞ぐといった症状があったのです。

婦人科の先生はストレスを軽減するお薬を出してくれました。

私はその薬のおかげでよく眠れるようになりました。

よく眠れるようになると心が落ち着いてきて、不思議と「またトイレに行きたくなった」とイライラすることが減ってきたのです。

残尿感を感じることが思った以上にストレスだったみたいです。

イライラすることが減ってきたので、徐々にトイレに行く回数も少なくなってきたのです。

また、知人から「水分を摂りたくなったらまずうがいをするように」とアドバイスもされました。

のどが渇いたと思った時、本当に水分が必要な時と口の中が渇いているだけのときがあるそうです。

口の中が渇いているだけなのに「のどが渇いた」と思って頻繁に飲んだりすると、知らず知らずのうちに水分を摂りすぎる・・・という事態に陥ってしまうそうです。

私の残尿感はこのことを気をつけるようになってからだいぶん改善されました。

(静岡県 みかんさん)




膀胱炎を自然治癒させる方法

膀胱炎の症状は排尿時の痛みで気付くことが多いようです。

トイレに行く回数が増えたり、排尿のあとの残尿感など不快な感じがあったりします。

膀胱炎の多くは、細菌感染による急性膀胱炎です。

排尿を我慢したり、周囲が不潔であってりした場合に細菌が侵入して起こりやすくなります。

ただ、健康な状態であれば、細菌が侵入しても体外に排出してしまいますが、抵抗力が弱っていたりすると発症しやすくなります。

では、膀胱炎になった場合には、どうすればいいのでしょうか。

症状が軽ければ、しばらく様子を見るのも1つの方法です。

自然に治る場合が、かなり多いです。

もちろん発熱があるなど、他に気になる症状がある場合には、放置してはいけません。

それに、自然に治るといっても、やはり気を付ける点がいくつかあります。

まず、水をたくさん飲んで、細菌が早く排出されるようにしましょう。

尿を膀胱内に溜めないようにします。

それに、体の抵抗力を落とさないようにすることも大切です。

保温をしっかりして、下半身を冷やさないようにします。

また、アルコールも控えた方がいいでしょう。

夜更かしや過労など、生活習慣の乱れが思い当たる場合は、その改善からやった方がいいでしょう。

もし、なかなか膀胱炎がよくならない場合は、泌尿器科の診察を受けることをお勧めします。

慢性化してしまうと、治りにくくなったり、再発を繰り返したりするようになります。

急性膀胱炎にはペニシリンなどの抗生物質が有効で、医師の処方で服用するのがいいと思います。

また、慢性化している場合には、他の病気が原因で引き起こされていることもあります。

膀胱炎は自然に治ることが多いとはいうものの、油断は禁物です。

決して侮らないことも必要ですね。




ノニジュースで不眠症が改善されました。

ノニジュースを飲んだ理由ですが、

私はずっと寝つきが悪かったです。

そして気が付いたら眠れなくなっていました。

私は不眠症だったのです。

昼間仕事をして、十分疲れているのに眠れないのです。

ずっと目が冴えているのです。

寝たいのに眠れなくて、とても辛いのです。

テレビで不眠症を治すには、ノニジュースが良いと聞きました。

だから私はこのノニジュースを飲んでみる事にしたのです。

でもこのノニは臭みと苦みがあるのです。

私は苦いものが苦手なのです。

だから気になっていました。

でも私が飲んでいた多良間ノニは、その独特な苦味がありませんでした。

ノニっぽくなくて、さっぱりしていました。

これなら飲めると思いました。

甘いという事もないのですが、私はオレンジジュースと混ぜて飲んでました。

だから少し甘く飲めていたのです。

原液のままでは、ぐびっとは飲む事ができませんでした。

でもとてもまろやかな味で、後味も悪くなかったです。

飲み始めて一週間後、私は夜十時に寝る事ができました。

そして一回も起きる事無く、朝六時までスッキリと眠っていたのです。

ここ一年で初めてでした。

寝起きも良くて、何事もなくぱっと起きる事ができたのです。

まさかここまで効果が実感できると思っていなかったです。

こんなにも簡単に不眠症が改善できたのです。

とても簡単な事で、もっと早く知っていればと思いました。

毎日仕事もプライベートも充実しています。

これも多良間ノニのおかげなのです。

ノニジュースにもいろいろとありますが、私はこの多良間ノニが一番大好きです。

昔住んでいた事のある、沖縄の多良間ノニが一番体質にも合っていたのです。

やはり国産というのが一番、私は安心できたのです。

体に良いものが一番だと思っています。

ノニジュースの効果はこちら




ルイボスティーはノンカフェインでホルモンバランスを安定させる効果があります。

今、私のマイブームのお茶はルイボスティーです。

ルイボスティーは地方ではまだそれほど見かけることができないので、街へ出てカフェでお茶する時に、ルイボスティーがメニューに載っているかどうかを、最初に必ずチェックします。

ランチメニューなどで、ルイボスティーを選ぶと料金が+100円になることもありますが、そこは気にしないで、積極的にルイボスティーを選ぶようにしています。

普通の紅茶やコーヒーなら、自宅でも飲めますからね。

ルイボスティーをこれほど気に入っている理由は、まず最初にノンカフェインであること。

私はコーヒーが大好きなのですが、どうも体に合わないようで、飲むことを控えています。

麦茶、番茶など、カフェインを含まないお茶を地味に飲んでいますが、たまには香りのよい、美味しいお茶が飲みたいです。

そのような時には、ルイボスティーはぴったりな飲み物になります。

2つめの理由は、女性にとって若返りができるお茶なのではと思っています。

ノンカフェインであることが影響しているのか、妊婦さんの間でも、ルイボスティーはよく好んで飲まれているようです。

しかし、女性が生涯で妊娠していられる期間は、長くても1~3,4年など、子供の人数分でしかありません。

妊娠していない時期でも、積極的にルイボスティーを飲むことで、子宮や卵巣などを元気にして、ホルモンバランスを安定させることができたら、年齢を重ねても体調よく過ごしていけるのではないかと考えています。

私はホットで飲むのが好きなので、毎回ホットで飲んでいますが、ルイボスティーを冷やして飲む方は、おられるのでしょうか?

私がカフェで出していただくルイボスティーは、ホットしか置いていないみたいですが、単にオーダーを取ってから冷やす時間がないからホットで提供しているだけのことかもしれません。

これから暖かくなるので、冷やして飲んでおられる方がいらしたら、お話を聞いてみたいですね。

また私の住む地方にはあまり置いていないため、インターネット通販でも購入したいと思うのですが、どのルイボスティーを選んだらよいのかわからないので、どなたかに教えていただけたらありがたいと思っています。

ルイボスティーの比較サイトはこちら




ゲンタシン軟膏でニキビを治しています。

ゲンタシン軟膏をニキビを治すために以前からずっと使っていました。

それは友人も使っていたので、よく知っていたのです。

ニキビがよくできやすいほうです。

でも何もお手入れをしていなかったので、いつもひどくなってニキビ跡までできるようになっていたのです。

でも友人が使っていて、いいよと教えてくれたのがこのゲンタシン軟膏だったのです。

ニキビの治療薬としてとても有名だったのです。

私は朝起きてからと、夜の寝る前に使っていました。

清潔にしたニキビに、少しだけ塗るのです。

刺激しないように塗っていました。

ニキビを殺菌するための薬なので、ニキビの部分だけでいいのです。

透明なので、外出する時にも目立つ事もありません。

そして薬特有の嫌な臭いもしません。

すっきりと快適に使う事のできる薬なのです。

でもかなりべたつき感があるので、私はそれがとても気になってしまいます。

このべたつきさえなかったら、もっと身近な薬になる事間違いないでしょう。

毎日お化粧をしないといけない私にとっては、少しその点が気になっているのです。

でも治りがとても早いので気に入っています。

朝晩の二回使っているだけなのに、私の場合は一週間ほどであんなにもひどかったニキビが治ったのです。

炎症して赤くなったニキビにほど、効果があるみたいです。

小さいチューブ状の塗り薬なので、いつでも使えるように私はバッグにも入れています。

ストレスからくるニキビがよくできます。

すぐにニキビがひどくなるので、赤くなってきたらすぐに塗るようにしています。

治りが早いところが気に入っていますが、もう少しサラッとしていたらもっといいなと思うでしょう。

顔だけじゃなくて、デコルテニキビにも使えるので役立ってくれているのです。

(三重県 みみりんさん)

>>ゲンタシン軟膏はこちらから買えます。




にんにく玉がうつに改善に効果があるかどうか?

にんにく玉が鬱の改善に効果があるかどうかの前に、まず鬱病のメカニズムを簡単におさらいしておきます。

現在の医学では、鬱の発生原因は脳にあると言われており、脳内のシナプス間の神経伝達物質セレトニンやアドレナリンの不足により、鬱の症状が発生すると考えられています。

そこで、鬱の薬と呼ばれるものには、セレトニンやアドレナリンの分泌を増やす効果を狙ったものや、再取り込みを阻害する事によりシナプス間にセレトニンやアドレナリンを滞留させる事によりシナプス間のセレトニンやアドレナリンの量を増やす効果があるものがあり、現在は副作用の少なさを考慮して後者の薬が処方される事が多いです。

では、にんにく玉にセレトニンやアドレナリンの分泌にかかわるような成分が含まれているかどうかをみてみると、残念ながらそれらしい物質は見当たりません。

よってにんにく玉に鬱の改善効果はありません。

と言い切りたいところですが、効果があったと言う口コミがあちらこちらで見られます。

これはにんにく玉に含まれるアリシンやレシチンと呼ばれる物質が体の代謝を良くし元気にする効果があるためだとも考えられます。

また、鬱病は実はまだ医学的に確定した原因がわかっていると言い難いのも事実で、上記した鬱のメカニズムは一つのうつ病のメカニズムで、他にも全く異なる原因でうつ状態になっている可能性もなくはないのです。

よってにんにく玉が効く鬱があってもおかしくなのです。

貴方の鬱に効果があるかどうかは、試してみないとわかりませんが、多くの方が効果を感じている事実をふまえると、試してみる価値は十分にあると考えられます。

(千葉県 招きフクロウさん)

>>にんにく玉をこちらから購入しています。






川島なお美さんの痛々しい激やせ写真、理由は?

先日、川島なお美さんがブログにアップした写真が「激やせしている!」とネットなどで話題になりました。

川島なお美さんは2014年に肝内胆管癌にかかっていることがわかり、手術しています。

その手術は成功し、ほどなくメディアへの露出も復帰しました。

ブログでもゴルフへ行くなどの写真をアップされておられ、確かに以前よりはほっそりされたものの、元気な姿を見せておられたのですが・・・。

2015年7月にアップされた写真では首の筋も浮き上がるほどで、「別人?」「病気が原因?」などと話題になりました。

その後もイベントへ出られた際にその激やせぶりが話題となりました。

激やせはしていながらも元気なやりとりをみせておられて、予定されていた舞台にも出演されていたのですが・・・。

先日、彼女の主演するミュージカル「パルレ ~洗濯~」の降板が発表されてしまいました。

事務所によれば、「この度、ミュージカル『パルレ ~洗濯~』を体調不良のためやむを得ず降板させて頂く事になりました。降板にあたり公演を楽しみにして頂いておりましたお客様にはご心配、ご迷惑をおかけします事を深くお詫び申し上げます」とのこと。

やはり手術されたご病気のせいなのでしょうか、術後もご自身で健康に気を使っておられたのに気になります。

肝内胆管癌という病気は術後の治りがあまりよくない病気らしく、術後に5年間生存している可能性が40~50%と書かれているのを観て、とても心配に思っています。

なんとか病気を克服して、また元気な姿を見せて欲しいものです。

(兵庫県神戸市 がんちゃんさん)

市販のヒルドイド